ルユハヴ?〜なんとかならない人生〜

『なんとかならない人生』なんてない。発見と、時々漫画を描いています。希望を持って今日も朝4時頑張ります!ご一読頂き、ありがとうございます!

【こころ】現実にいない優しい男性と情けない青年の会話

 

ね、眠い・・・

 

どうも、朝4時ブロガー皿あらいです!

 

すみません、

ちょっと調子に乗って名乗ってみました(^ν^)笑

 

と言っても、今日は眠すぎて

1時間くらい昼寝しましたが・・・(寝すぎ)

 

昨日は5時間睡眠でしたが、少し足りてないようです。

目標の6時間睡眠を確保した上で、

リズムを掴んでゆきたいと思います!

 

少し前に、

頭の中の存在と会話した内容を残しておきます。

 

 

 

 

優しい男性と情けない青年の会話

 

f:id:aphoptosis:20180303184745p:plain

 

青年が語る。

 

『悲しみの記憶が僕に纏わり付いて離れないんです。
やっと思い出さなくなったと思ってても、
忘れた頃に再びやってきます。』

 

対して男性。

 

 

『悲しい過去を引き摺るのは、君の中でちゃんと本を閉じてあげてないからだよ』

 

『本、ですか』

 

 

『そう。
消せない過去の物語には、
意味を与えてから”ありがとう”を伝えてあげるんだ。


そうやって終わらせてやれば、何度蘇っても本は閉じられる』

 

『具体的にどうすればいいんでしょう』

 

『よく言われる手法だけれど、一度頭の外に出してみてはどうかな。
今みたく誰かに話すのもいいし、紙に書き出すのもいい。』


『そうやって外に出た物語に対して、前向きな面がないかを探してごらん。

今の君なら、きっと新しい答えが浮かんでくる筈だ』

 

『僕はそんなにポジティブじゃありません』

 

『大丈夫、君ならきっとやれるから。
不安なら私も一緒に手伝おうか?』

 

『いえ、大丈夫です。
自分自身の事なので、やれるだけやってみます』

 

『そうか、わかった。
だが助けが必要なら、いつでも声を掛けてくれよ。

私は君のような若者をほうって置けない性格なものでね』

 

『感謝します。
もっと早くあなたの存在に気づくべきでした。』

 

『気にしないでいいよ。
今日は声を掛けてくれて嬉しかった、ありがとう。
私だけではなく、君の中の声は全て君の味方だ。

必要な時にはいくらでも力になるからね』

 

『助かります。
聞いて下さり、ありがとうございました。』

 

・・・

 

結論のようなもの

 

頭の中のやり取りで、
寂しさと向き合う方法が少し見えました。

  

『内なる声』っていうとスピリチュアルな感じだけど

心理学でいう『(※)エンプティ・チェア』って方法で

自分自身に質問を投げかけているだけなんでしょうね。

(※ 椅子を向かい合わせに置き、一人二役で質問者と回答者を演じる)

 

本日もご一読、ありがとうございました!

 

それでは、また明日!(^ν^)